建築士製図試験対策書

2級建築士設計製図試験対策 建築模型で学ぶ! 木造軸組構法の基本 【新装版】

9,800 税抜 送料別

※学割価格あり

編著 総合資格学院 編
発行 株式会社総合資格
テキスト本文ページ数 104ページ
パッケージサイズ タテ31.0cm×ヨコ24.0cm×アツサ9.5cm
ISBN 978-4-86417-160-1

内容紹介

木造軸組構法と図面の描き方について、プラスチック製建築模型を使いながら解説する、
これまでになかった製図テキスト。


枠組壁工法(2×4工法)の解説を追加し、新装版として発売。
木造の知識が不可欠な2級建築士試験対策書として利用すれば、合格へ向けて大きく前進できます。

付属の模型は1/50スケールで、木造軸組の構造を再現。従来の付属模型は紙やスチロール製のもので、「製作に時間がかかる」「強度に不安がある」などの問題がありました。本プラスチック模型はそれらの問題を解消。実際の現場に行かなくても基礎、柱、梁などの組み方、力のかかり方、各接合部のつながり方などを視覚的に理解できます。

テキストは、「基礎編」と「学習編」の2部構成。「基礎編」では、図面の描き方を順を追って解説。「学習編」では、荷重と横架材、耐力壁などを重点的にとりあげながら、木造軸組の基本を詳しく解説します。

※模型の組み立てには、別途 ニッパー、カッター、プラスチック用接着剤等が必要となります。組み立て時間は約2時間です。
 

目次


基礎編
 作って学ぶ伏図と軸組図
 (軸組の構造や各部を理解する、伏図と軸組図の役割、伏図の書き方、平面図、立面図・断面図、矩計図など)
学習編
 ゼロから分かる木造軸組住宅
 (住宅設計、基礎の基礎、建築基準法と建築確認、柱と横架材の役割 <建物に作用する荷重を考えるなど>)
図面の種類
軸組模型製作図面
建築模型の種類

模型で見る伏図と軸組図など

コメント

ページ先頭へ