設計展作品集 > NAGOYA Archi Fes 2018 中部卒業設計展
 
 
 
前の商品 NAGOYA Archi Fes 2018 中部卒業設計展 次の商品
 
 
NAGOYA Archi Fes 2018 中部卒業設計展

拡大 ( Size : 102 kb )
 
価格 : 1,944円(税込)
数量
 
 送料:500円〜
 
 
 

2018年3月に開催された「NAGOYA Archi Fes 2018(中部卒業設計展)」。第5回目となる今大会のテーマは「見る、美せる、魅せられる」。中部地方4県の大学が参加し、出展約60作品による熱戦が繰り広げられました。本作品集では出展作品を紹介しているほか、熱い議論が交わされたグループディスカッションや個別審査、公開審査の模様も収録しています。学生たちの設計に対する考えや想いのこもった提案の数々を記録した作品集です。
 

CONTENTS


○Prologue 見る、美せる、魅せられる
○審査員紹介
○企画・対談ダイジェスト
○ポスターセッション・公開審査ダイジェスト
○受賞作品紹介
○作品紹介
○活動内容紹介
○実行委員紹介
など
 

審査員


審査委員長:工藤 和美(建築家・シーラカンスK&H代表取締役・東洋大学教授)
前田 圭介(建築家・UID)
早川 克美(情報環境デザイナー・京都造形芸術大学教授・F.PLUS代表)
佐々木 勝敏(建築家・佐々木勝敏建築設計事務所)
大室 佑介(建築家・大室佑介アトリエ/atelier Ichiku・私立大室美術館館長)
総合司会:橋本 健史(建築家・403architecture[dajiba])


参加校


愛知産業大学/愛知工業大学/金沢工業大学/信州大学/椙山女学園大学/大同大学/東海工業専門学校/豊田工業高等専門学校/豊橋技術科学大学/名古屋工業大学/名古屋市立大学/名古屋大学/日本福祉大学/福井大学/名城大学

ページ先頭へ