設計展作品集 > 建築新人戦010
 
 
 
前の商品 建築新人戦010 次の商品
 
 
建築新人戦010

拡大 ( Size : 78 kb )
 
価格 : 1,944円(税込)
数量
 
 送料:500円〜
 
 
 

100選全作品紹介や受賞者と専門家の対談、10周年記念企画など盛りだくさん!


今回で10周年を迎えた「建築新人戦」。大学1〜3回生のほか、短期大学・専門学校・高等専門学校の学生が学校で取り組んだ設計課題作品を競い合う、“建築学生の登竜門”として定着し、日本最大規模の設計展となりました。
本書は、2018年9月20日(木)〜22日(土)に行われた第10回大会のオフィシャルブックとして、受賞作品の紹介はもちろんのこと、ファイナリスト(16選)や100選の作品紹介、受賞者(学生)とプロフェッショナル(専門家)との対談、審査ドキュメントなどを掲載。また、10周年記念特別企画として行われた、歴代審査委員たちによるチェーントーク・ディスカッションや、学生実行委員と総合資格学院の座談会などを収録し、充実の内容となっています!

審査委員


中村勇大(委員長/京都造形芸術大学教授)、遠藤秀平(神戸大学教授)、小川晋一(近畿大学教授)、竹山聖(京都大学教授)、團紀彦(青山学院大学教授)、萬田隆(神戸芸術工科大学准教授)、宮本佳明(大阪市立大学教授)
 

CONTENTS


■作品紹介
最優秀新人賞/優秀新人賞/8選/16選/総合資格学院 学院長賞/アーキテクツ・スタジオ・ジャパン賞/グラフィソフト賞

■プロフェッショナルの視点(対談)
「大地を切り裂くような構造体はいかに可能か」
最優秀新人賞:村井諄美(近畿大学) × 萬田隆(tmsd萬田隆構造設計事務所、神戸芸術工科大学准教授)
 

■建築新人戦2018 審査ドキュメント

■建築新人戦10周年特別企画
チェーントーク
ディスカッション1:10年後、AIは建築を変えるか?
ディスカッション2:10年後のAI社会において建築家の役割は何か?

■100選 選出者紹介

■建築新人戦のあゆみ
 

■学生実行委員会企画アンケート「建築設計のこれからの役割と教育」

■10周年記念 座談会 学生実行委員&総合資格学院
「建築新人戦と建築士のこれから」

ページ先頭へ